株主・投資家の皆様へ

平素より株主・投資家の皆様には弊社の経営に対し変わらぬご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、お陰様で2016年6月に第21期を迎えることができました。これもひとえに皆様からのご支援、ご鞭撻によるものであります。

昨今の我が国経済は、政府による経済政策等により緩やかな回復基調で推移いたしました。
しかしながら、中国経済の減速などによる景気への影響が懸念されるなど、先行きは不透明な状況が続いております。企業のIT関連投資は横ばい傾向にあり、より高度なIT技術を有するIT人材が求められてきております。

第20期はIT人材の不足感を背景に、ITエンジニア育成研修(当社呼称:虎の穴研修)から輩出された人材を計画的に配置できたこと、技術力に見合った契約単価交渉ができたことで、当社の主力事業であるソリューション事業において業容の拡大を図ることが出来ました。当社独自のITエンジニア育成のノウハウを活かしつつ、開発現場に即した実践的な教育を継続的に行うことで、顧客ニーズに合ったエンジニアを確保することができ、的確なソリューションを可能にする総合的なシステムインテグレーション企業を目指してまいりました。また、既存取引先のシステム開発案件や中小企業のITを支援する「OFFICE DOCTOR」の新規開拓・リピート案件も増加傾向にあります。

第21期からは、当社の業容拡大のために必要となるITエンジニアの配置換え等を積極的に行ってまいります。
今後は必要に応じて人材を柔軟に配置し、同時にITエンジニアとしてのキャリアプランをさらにブラッシュアップしていくことにより、技術の共有、向上を目指します。
また、ORACLE MASTER Platinumを始めとする高度IT資格の取得を推進し、より顧客からの需要が高いエンジニアの育成、囲い込みを行います。

引き続き、当社の企業理念である「優秀なエンジニアを九州・福岡から輩出し、最高のサービスを提供することにより、IT技術を文化として広く世界に伝達する」ということを念頭に九州福岡の発展に寄与して参ります。

当社の強みを前面に出し、他社との差別化を図ることで、さらなる業容の拡大、企業価値の向上に努めるべく全社員一丸となり精進いたします。今後とも皆様方からの一層のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2016年6月1日
代表取締役社長 上野 英理也